賢人の思考 TAKESHITA SANGYO

コラム 賢人の思考 ~経営者必見! 『実際のビジネスで使える!マーケティングの考え方』~

2020.03.16

2017.02.13-22

私のマーケティングにおける学友である高円寺 頸(こうえんじ けい)先生に、実際のビジネスで使える「マーケティング」の考え方についてコラムを書いていただきました。高円寺先生は長年、大手広告代理店でマーケターとして活躍され、さらに自らの体験で覚えたマーケティング理論とアカデミックな世界でのマーケティング理論との整合性を学ぶため、働きながら大学院(MBA)に行かれ、「本当に企業が実践できるマーケティング ....

コラム 賢人の思考 ~会社で「妖精さん」と呼ばれる人たち~

2020.03.02

2017.02.13-22

「おじさん学」を研究されている石川 雄一先生に、『会社で「妖精さん」と呼ばれる人たち』というテーマでコラムを書いていただきました。このコラムから生涯賃金とはどういう構造になっているのか、どうしたら従業員がやる気を持って働くのかを改めて考えさせられました。ご自身も長年サラリーマンを経験された石川先生のお言葉には説得力があります。人生の先輩の文をぜひご一読ください。 【著者】石川 雄 ....

コラム 賢人の思考 ~賢い消費者(エシカルコンシューマー)~

2020.02.03

2017.02.13-22

石川 雄一先生に、「賢い消費者(エシカルコンシューマー)」というテーマでコラムを書いていただきました。石川先生は、現在食品ロスで問題となっている“恵方巻”を取り上げられ、立ち止まって考える大切さを私たちに伝えてくれています。わが社も企業市民として、SDGs(持続可能な開発目標)に今後取り組んでいかなければならないと模索を始めております。みなさまもコラムを読んでいただき、持続可能な社会づくり ....

コラム 賢人の思考 人生100年時代を前向きに生きるヒント ~ ICFの考え方 ~

2020.01.27

2017.02.13-22

今回は社会福祉士で特定非営利活動法人よこはま地域福祉研究センター 理事としてもご活躍されておられる吉川典子先生に、ICF(国際生活機能分類)についてコラムを書いていただきました。 私も吉川先生のコラムを読んで初めてICFという用語や概念を知りました。この生活機能モデルを知っていれば、ヒトがどのようにしたら健康的な生活を送れるのかが理解できます。ICFは、超高齢化社会を生きる私たちにとって必 ....

コラム 賢人の思考 ~質問に感謝しよう!~

2020.01.14

今回は長年、外資系損害保険会社にてリスクマネジメントのコンサルティングに従事されておられた上田一夫先生に、実際あった事故事例から「質問の大切さ」についてコラムを書いていただきました。 私も従業員とのコミュニケーションにおいて、いつも気を付けていることが2つあります。一つは、「言ったことが伝わったことではなく、伝わったことが言ったこと」であること。二つ目は、「良い問い立てをする(良い質問を考えて相手 ....

コラム 賢人の思考 ~V・A・Kは脳の使い方のクセ!あの人の「わかった感」を高める方法~

2020.01.06

新年明けましておめでとうございます。本年もタケシタをよろしくお願い申し上げます。 新年のコラムの第一号を、熊倉 百音子先生にお願いしました。熊倉先生はポジティブ心理学を専門とされ、“明るく、そして善く生きる”を心理学からアプローチし、その研究成果を多くの企業・団体で講演されておられます。みなさまが幸多き年になるよう、ポジティブなコラムを熊倉先生にお願いしました! 私の愛読書である「孫子」の兵法にも ....

コラム 賢人の思考 ~100メートル走~

2019.12.10

今回は弊社の顧問弁護士である山口勝久先生に、「100メートル走」というテーマでコラムを書いてもらいました。 私は従業員に、仕事だけの人間に価値はなく、プライベートも何かに打ち込む、楽しむことが人間の価値を高めるとその都度伝えています。 そういう想いもあって、弊社の行動指針の最終項を「つねに学びの姿勢を持ち、自らの人生を充実させる」にしています。 プライベートで取り組む何かが、どのように自らを成長さ ....

コラム 賢人の思考 ~音楽を聴くということ~

2019.11.18

石川 雄一 氏

石川雄一先生に「音楽を聴くこと」というテーマでコラムを書いていただきました。音楽を通じて、非言語コミュニケーションの重要性を説かれておられます。 弊社でも言葉(言語コミュニケーション)の限界を感じており、現在、非言語コミュニケーションの重要性を伝える各種教育を実施しております(※下記URLご参照)。私も言葉で従業員に「~お願いしますね」と伝えてもなかなか伝わらないことに悩んでおりましたが、石川先生 ....

コラム 賢人の思考 ~「こころの立ち直り力=レジリエンス」の鍛え方~

2019.11.05

熊倉 百音子氏

今回はポジティブ心理学等をベースにした人財開発・コミュニケーション教育を企業・医療機関で行っておられる熊倉 百音子先生に『「こころの立ち直り力=レジリエンス」の鍛え方』についてコラムを書いていただきました。ストレス社会をどう生きると幸せになるのか、人間にとって永遠のテーマだと考えます。哲学者アラン(Alain)は「幸福論」の中で、「悲観主義は感情で、楽観主義は意志の力による」・「幸福になりたいと思 ....

コラム 賢人の思考 ~「SNSにおける承認欲求とマーケティング」~

2019.10.21

大驛 潤氏

複数の大学や大学院でマーケティングを教えられている大驛 潤(おおえき じゅん)先生に、「SNSにおける承認欲求とマーケティング」についてコラムを書いていただきました。外食産業やコンビニエンスストアなどで、アルバイトがSNSで悪ふざけの動画を発信し、企業に多大な損失、特にブランドの毀損を発生させています。これらの行為は、「バイトテロ」とも呼ばれています。なぜアルバイトの若者はそのような行動をとるのか ....

コラム 賢人の思考 ~「働き方改革とワークライフバランス」~

2019.10.07

2017.02.13-22

定年後も大学院で学ばれ、今も研究を続けておられる石川雄一先生に、今流行りの「働き方改革とワークライフバランス」について書いていただきました。ワークライフバランスが叫ばれていますが、企業経営において一歩間違えば大きな阻害になると私も考えます。売上や従業員のモチベーションの低下といったリスクもはらんでいると思われるからです。どのようにワークライフバランスをとらえれば良いのか、石川先生から今回学ばせてい ....

コラム 賢人の思考 ~人事の今。そしてつなぐ未来について~

2019.09.09

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

バブルまでは“作れば売れる時代”でしたので、ある意味あまり考えなくても、真面目に努力すれば一定の成果を得られたのかもしれません。バブル崩壊後は“売れない時代”ですので、ヒトのアイデアや発想が、売れるための重要な要素になっています。そのような時代背景において今、ティール組織(Teal Organization)※が注目されています。私が考えるティール組織とは、「従業員一人一人が自律し、自ら考えアイデ ....

コラム 賢人の思考 ~地域を元気にする! 社会起業家の想い~

2019.08.19

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

岩手県金ケ崎町で築130年の古民家(2020年春オープン予定)を活用し、地方活性化の起業をされる岩隈大樹先生にコラムを書いていただきました。岩隈先生とは親友が開催したMBAホルダーの交流会で出会いました。イノベーションは、若者、馬鹿者、よそ者が起こすと言われています。岩隈先生は「よそ者」の立場で古民家を、都会から来るヒトたちとの交流プラットフォームとし、金ヶ崎町の関係人口を増やそうと考えておられま ....

コラム 賢人の思考 ~  「ライフストーリーを語る」  ~

2019.08.05

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

人生100歳時代が到来すると言われ、私たちは新たな人生設計を余儀なくされています。そう考えれば、50歳代・60歳代は人生の折り返し地点でしかありません。そこで重要となるのが、リカレント教育(学び直し)です。学び直すことで、残りの人生を価値あるものにするという考え方が今注目されています。定年退職後に大学院に入学し修士号を修められ、現役で活躍されている石川雄一先生に「ライフストーリー」について書いてい ....

コラム 賢人の思考 ~ 『遺言』の作成件数が増えています!  ~

2019.07.01

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

7月度は、株式会社フューチャーリスクコンサルティング 代表取締役 江藤 誠(えとう まこと) 氏にコラムを書いていただきました。 【著者】株式会社フューチャーリスクコンサルティング代表取締役 江藤 誠(えとう まこと) 氏 【プロフィール】1969年9月生まれ 東京都葛飾区出身。ディズニーランド隣駅の新浦安在住。最近は5歳と3歳の息子たちを連れて、毎週日曜に少年ラグビースクールで汗を流すことが専 ....

コラム 賢人の思考 ~ 我ら「団塊」にあらず ~

2019.06.24

八星 篤(はちぼし あつし)氏

引き続き、つくだ社会科学研究所 代表 八星 篤(はちぼし あつし)氏に書いていただきました。 私たちの世代は、「団塊ジュニア」とか、「ロストジェネレーション(失われた20年世代)」とか言われ、ヒトの数が多いために厳しい競争社会にさらされ、そしてバブル崩壊で厳しい時代を生きてきました。今回は、私たちの親の世代である「団塊世代」が心の中に考えていることを、八星先生に率直に述べていただきました。さらに、 ....

コラム 賢人の思考 ~ 「父の関東大震災時の話」 ~

2019.06.17

八星 篤(はちぼし あつし)氏

先週に続き、つくだ社会科学研究所 代表 八星 篤(はちぼし あつし)氏にコラムを書いていただきました。 ○テーマ「父の関東大震災時の話」 東日本大震災の影響を現に受けた方々はもちろん、報道等であの姿を目にし、記憶している人たちがいる限りは、これを忘れることは決して無いと私は思います。 例えば、原子力発電所の再稼働はともかく、新規建設は少なくとも今後70-80年はありえないだろうと思っています。 そ ....

コラム 賢人の思考 ~ 日本でのリスク管理と緊急時対応の基本は、『臨機応変』 ~

2019.06.10

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月度は、つくだ社会科学研究所 代表 八星 篤(はちぼし あつし)氏にコラムを書いていただきました。 八星先生は、第一勧業銀行総会屋事件発生当時に広報部長を務められ、企業において危機対応を実践された貴重な経験の持ち主です。 その当時の模様は、作家 高杉 良 氏 著の 「金融腐食列島 呪縛」に書かれ、その主役となった四人組のモデルの一人とも言われています。 「金融腐食列島 呪縛」は映画化もされ、役所 ....

経営に活かす!リカレント教育(学び直し)とは

2019.05.20

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は働きながら学び直し(リカレント教育(注1))の経験をされた宗野 永枝先生にコラムを書いていただきました。という私も仕事をしながら、現在、日本大学商学部に通っております。先般コラムを書いていただいた眞崎達二朗先生も常々「ヒトは学びでしか変われない」と言われておられました。井の中の蛙大海を知らず(注2)ではないですが、通常業務の忙しさにかまけてしまうと、時代の流れや環境に乗り遅れてしまいがちです ....

コラム 賢人の思考 ~ 航空機の事故について その③~

2019.04.22

飛行機

飛行機の想い出 「航空機の事故について その①」の記事で、「私は小さい時から現在まで乗り物が大好きで、鉄道や民間航空のことを良く記憶しています。」と書きました。 昭和36年10月、私の新婚旅行は京都でした。 当時片道の航空券がひと月の給与と同じくらい高価だった時代ですが、私は往復とも飛行機を選びました。 当時航空機の旅は少しばかり不安と隣り合わせで、親類からは「何も往復共飛行機にしなくても、せめて ....

コラム 賢人の思考 ~ 航空機の事故について その②~

2019.04.08

飛行機

2度目の命拾い 1985年(昭和60年)8月12日(月)18時56分に、東京(羽田)発大阪(伊丹)行日本航空123便ボーイング747SR-100(ジャンボジェット)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落しました。 乗客・乗員520名が死亡、奇跡的な生存者(負傷者)は4名でした。 死者数は日本国内で発生した航空機事故では2015年7月の時点で最多であり、単独機の航空事故 ....

コラム 賢人の思考 ~ 航空機の事故について その①~

2019.03.22

飛行機

1度目の命拾い  私は小さい時から現在まで乗り物が大好きで、鉄道や民間航空のことを良く記憶しています。  1952年4月9日、大阪経由で福岡に向かうべく、羽田飛行場を午前7時42分に離陸した日本航空「もく星号」は伊豆大島の三原山噴火口の東側1Kmの御神火茶屋付近の山腹に墜落しました。乗客・乗務員37名は全員死亡しました。 当時飛行機の運賃は他の公共交通に比べ高かったので、乗客は社会的地位の高い人が ....

コラム 賢人の思考 ~ 論理力(思考能力)・構成力・イマジネーションの重要性について~

2019.02.25

論理力(思考能力)・構成力・イマジネーションの重要性について 私は推理小説を読むのが大好きです。 一回だけ行ったロンドンで、1995年11月1日(水)早朝、宿泊先のモントカームホテルから、シャーロックホームズが住んでいた(ことになっている)「Baker Street 221b」へジョギングし、プレートを見て感激して帰って来ました。  アーサー・コナンドイル、エドガー・アラン・ポー、アガサ・クリステ ....

コラム 賢人の思考 ~欧米人と日本人のリスク感性の違い~

2019.02.18

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

代表の竹下 敏史です。弊社ホームページをいつもご覧いただき、ありがとうございます。 これからさまざまな専門家の方々に、「賢人の思考」と題しコラムを寄稿いただきます。 今回ご寄稿いただきました眞崎 達二朗(まさき たつじろう)先生は、御年85歳ながら、リスクマネジメントの研究や普及活動において、いまだ現役で活躍されておられます。 また住友銀行のご出身で、主に企業への融資業務や信用調査業務に従事され、 ....