コラム TAKESHITA SANGYO

インフォメーション

子供のおもちゃも危険!?インターネット接続機器の個人情報を守る方法

2017.11.01

0ad16ed8a70f6c1bfd1293b18a2bce96_s

竹下産業株式会社、広報の一ノ瀬です。

 

最近、スマートフォンと連携した玩具や、

通信対戦や情報交換できる携帯ゲームが増えており、

小さなお子さんがインターネットを使う機会が増えています。

 

そこでお聞きしますが、お子さんの個人情報は守れていますか?

 

インターネットに接続できる玩具や機器の中には、

センサーやマイク、カメラ、データストレージやGPSなどの機能を搭載し、

会話を通して子供の通っている学校や嗜好、日常の行動などの

情報まで蓄積されるものもあります。

 

一般的に、そのやり取りや会話のデータはメーカーや開発元へ送信され、保存されます。

場合によっては音声認識ソフトウェアを管理する別の会社が

そういった情報を収集することもあると、

なんと!FBIも指摘しているのです。

 

機器の使用を始める時に氏名や生年月日、住所など登録しませんでしたか?

 

それらの情報が転送や保存などの段階で漏れてしまう…

という可能性もあるのです

 

情報が流出すればなりすましなどの犯罪や、

写真や動画で子供の情報を得て、GPSで居場所まで特定できてしまう

なんてことも起きかねません。

会話情報から興味の引く話題で信用させ、連れ去り…

などと悪用される可能性もあります。

 

ですので、

インターネット接続機器の個人情報を守る方法とは、

それらの玩具や機器を使用する前に

・セキュリティ問題が報告されていないか

・データがどこに保存されるのか

・安全な接続を使っているか

・ファームウェアのアップデートやセキュリティパッチが受け取れるか

を確認することです。

 

また、

・機器を使用するときは信頼できる安全なWi-Fiのみを利用する

・使っていない時は電源を落とす

・ユーザーアカウントを登録する際は必要最低限の情報しか入力しない

などの対策も重要です。

 

小さなお子さんやゲーム好きなお子さんをお持ちの方は

ぜひ、お子さんの情報の安全にご注意くださいね。

 

 

個人情報についてご不明なことがございましたら、タケシタがご相談承ります。

まずは下記お問合せフォームからお気軽にお問合せ下さいませ。

https://www.r-station.co.jp/contact/

0ad16ed8a70f6c1bfd1293b18a2bce96_s

この記事に共感していただけましたら​
シェアをお願いします。​

タケシタの公式Facebookにいいね!する​