コラム TAKESHITA SANGYO

インフォメーション

信頼は得にくく、失いやすい  ―リスクマネジメントのススメ―

2018.11.26

企業の事故や不祥事がたびたび報道され、最近ではダンパーの免震データ不正事件が大きく取り上げられています。

 

このような事故や不祥事が発覚した場合、先般の自動車安全装置メーカーのように倒産に至るというケースも見受けられます。

 

なぜこれほどまで事故や不祥事が、企業に大きなダメージを与えるのでしょうか。 このことは「信頼の非対称原理」という理論で説明できます。

 

この理論は一般に信頼は得にくく、失いやすいことを意味しています。

 

すなわち、信頼構築には時間がかかるが、信頼の崩壊はあっという間に起こる。

 

悪い出来事は良い出来事よりもインパクトが強いと言えます(中谷内,2015)※。

 

「信頼の非対称原理」は私たち企業人に、リスクマネジメントに取り組み、信頼を失うような事故や不祥事を発生させないよう、普段から努力する大切さを教えてくれているように思います。

 

大森英直 (株式会社ジェイアイエヌ 取締役 リスクコンサルティング担当)

 

※ 出典:中谷内一也、2015、「信頼学教室」、講談社現代新書 信頼については、中谷内一也著「信頼学教室」講談社現代新書刊に詳しく書かれています。http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000210833

この記事に共感していただけましたら​
シェアをお願いします。​

タケシタの公式Facebookにいいね!する​