コラム TAKESHITA SANGYO

インフォメーション

iPhone8に続きiPhoneX予約・販売決定!見直しておきたい機種変更時の旧機種の個人情報の取り扱い

2017.11.08

ba3b0ee7989a1aca7d954abf254bf4a6_s

竹下産業株式会社、広報の一ノ瀬です。

 

今年9月にiPhone8が発売され、11月にはiPhoneXも発売が予定されています。

 

iPhoneXの顔認証の信頼性についても話題になっていますが、

今回は機種変更して使わなくなったスマートフォンの中の個人情報についてお話します。

 

皆さんはスマートフォンを機種変更した後、古い端末はどうしていますか?

ショップで破棄してもらったり、自宅で放置していたり、

中には下取りやリサイクルショップに売却する、友人に譲る

という方もいるかもしれません。

 

今やスマートフォンは電話としての機能だけでなく、

インターネットやSNS、アプリ、電子マネーなど、使用方法は多岐に渡ります。

 

当然、個人情報の宝庫であることは間違いありません!

 

ですので、そのまま放置しておいたり、

そのままの状態で売却してしまったり、人に譲ってしまうのは

とても危険なのです!

 

例えば古いスマートフォンの中に残っていた情報や画像から個人を特定したり

インターネットにそれらの情報が流されたりしてしまうかもしれません。

SNSのアカウント情報がそのままであれば、乗っ取りやなりすましの危険もあります。

そういったリスクを防ぐため、データの削除や初期化を必ず行う必要があります。

 

電子マネーは残高だけでなく、オートチャージ機能を利用している場合は、

次々と勝手に使われてしまう可能性もあります。

従来のロック機能もありますが、必ずデータ移行手続きを行い、

使わなくなった端末に利用履歴などの情報を残さないようにしましょう

 

情報がデータ化して便利になるとともに、様々なリスクも増えています。

スマートフォン自体は片手から両手に収まる小さなものですが、

中に含まれる膨大なデータは重要かつ大切なものです。

 

ぜひご自身の大切な個人情報を守るためにも、

古いスマートフォンの取扱いにも注意を向けてみてくださいね。

 

 

個人情報についてご不明なことがございましたら、タケシタがご相談承ります。

まずは下記お問合せフォームからお気軽にお問合せ下さいませ。

https://www.r-station.co.jp/contact/

ba3b0ee7989a1aca7d954abf254bf4a6_s

この記事に共感していただけましたら​
シェアをお願いします。​

タケシタの公式Facebookにいいね!する​