竹下産業株式会社

よくある質問 TAKESHITA SANGYO

機密文書処理(T-CUBE)

取引を開始するには?

まずは『会員登録』をお願いします。

会員登録後、マイページにログインして頂き、お客様に合ったプランをお選び頂き、箱数、希望日、希望時間等を入力し、お申し込みください。

(『Guard』プランは電話でお申し込みください。)

 会員登録後の回収依頼は、電話でも承っております。

会社名とお客様コードをお知らせのうえ、数量と希望日をお伝えください。

システム登録後、回収日確定のメールが配信されます。

会員登録をしたのですが、パスワードが配信されません。

お客様のセキュリティ環境により、パスワードをお伝えするメールが届かないことがございます。

その場合は、お電話を頂ければパスワードをお伝えいたします。

在宅勤務している社員の手元にある書類を、社員の自宅から御社にお送りしても宜しいでしょうか

はい、対応可能です。

会員登録をして頂き、回収場所に社員の方の情報を登録し、Mailプランでお送りください。

証明書、請求書は会社の代表アドレスの方にすべて配信されます。

どなたが、いつ、何箱処分を依頼したか把握することも可能です。

 

 

回収依頼はどのようにすれば?

弊社による直接回収(Basicプラン)を希望される場合、会員登録後、マイページより箱数、希望日、希望時間を入力し、お申し込みください。 

回収依頼は、電話でも承っておりますので会社名とお客様コードをお知らせのうえ、数量と希望日をお伝えください。システム登録後、回収日確定のメールが配信されます。

他の会社さんはどのプランを使ってますか?

機密文書を段ボールごと排出されるお客様は、『Basic』プランを活用されているケースが多いです。

 

社内のルール統一のため、段ボールでの回収ではなく

鍵付きの専用ボックスを設置する『Guard』プランを利用されるケースも増えてきてます。

また、遠方のお客様や排出量の多くないお客様は『Mail』プランを利用されております。

 

回収は何箱からですか?

1箱からの回収しておりますが、弊社が直接回収にお伺いする『Basic』プランに限りましてはサービス利用金額の合計が6,000円に満たない場合、一律6,000円のご請求となりますので一定数溜めてからのご利用をおすすめします。1箱ずつ片づけたい場合は物流会社様のネットワークを活用する『Mailプラン』をご利用ください。

既に廃業しているのですが、当時の保管書類を個人として申込しても宜しいでしょうか。

個人事業主様としてBasicプラン、またはMailプランをご利用ください。

Mailプランとは

排出量の多くないお客様や弊社のサービス提供エリア外のお客様にご利用頂けるプランです。

お客様の希望される物流会社様のネットワークを活用し、機密文書を弊社工場まで輸送、到着後、速やかに処理をします。

料金は、1箱1,000円です。

送料は元払いでお客様がご負担ください。

処理完了の翌日、メールにて証明書を配信します。

請求書は、作業月末日締切で配信します。

会員登録後、マイページよりお申し込みください。

12桁の伝票番号を登録後、弊社宛に発送してください。

継続的にご利用されるお客様には、必要事項を事前に印字した伝票をお届けします。

※ Mailプランで送ることができるのは機密文書に限ります。

  (メディア等の記録媒体を郵送することは法令違反となります。)

回収時に伝票の控えはもらえないのですか?

回収にお伺いした際に担当者が機密書類に貼付されているシールのバーコードを読み取ります。
読み取り後、申込時にご登録頂いた担当者様のメールアドレス宛に1時間後、回収報告のメールが配信されます。
そのメールに記載されたURLをクリックして頂くと『機密抹消処理受託書』が表示されます。
必要であれば、そちらを印刷してご活用ください。

国内の拠点のルールを統一したい

国内の多拠点の機密文書を物流会社様のネットワークを活用し、弊社に一本化するお客様もいらっしゃいます。

弊社のご用意する着払い伝票を活用し、本社(本部)様宛にご請求を一本化することも可能です。

支払方法は?

作業月末日締切で登録されたメールアドレスに請求書が配信されます。

翌月末日までに指定口座にお振込みください。

回収を依頼したのですが、月末を待っても請求書が配信されません。

お客様のセキュリティ環境により、請求書を配信するメールが届かないことがございます。

その場合は、お電話を頂ければ担当者より改めてメールをお送りいたします。

雑誌や新聞紙も入れてよいですか?

問題ございませんが、雑誌や新聞紙等は入居されているビルや自治体回収等により無償で出せることが予想されます。
無駄な費用をかける必要はございませんので、それらをご確認頂き、利用できない場合に限り弊社サービスをご活用ください。

機密性の無い一般書類もあるのですが…

個別にご相談ください。

ご負担が増えないようご提案します

ファイルやバインダー、ホッチキスなどは分別しなくても大丈夫ですか?

大丈夫です。問題ありません。 ただし、未開封処理をご希望される場合は、ファイルやバインダー等の不純物は事前に除去してください。 ホッチキス・クリップは、そのままで構いません。

専用段ボールでないと回収してもらえませんか?

お手元の不要な段ボールでも構いません。

多くのお客様は、コピー用紙購入時の空き箱を有効に活用されてます。

お客様がダンボールをご用意される場合、3辺(縦、横、高さ)の合計が100~110cm程度、重量は20kg程度を基準サイズとさせて頂きます。

100cm未満の場合もすべて同一の料金となりますが、回収担当者に裁量権を与えておりますので小さい箱は2箱で1箱扱いとするなどご負担が増えないよう調整します。

ご安心ください。

なお、お手元に段ボールがない場合は、『マイページ』より専用段ボール(@250円)を購入できます。

但し、段ボール購入金額の合計が3,000円に満たない場合、一律3,000円のご請求となりますので12枚以上でお申し込みすることをおすすめします。

電子記録媒体(HDD、SSD、CD、USB等)と機密文書類は分けなければいけませんか?

分けてください。

当社は、都内唯一の専用破砕機を完備しておりますのでサービスの提供自体は可能ですが、機密文書とは取り扱い方法が異なりますので、同じ箱に同梱しないようお願いいたします。
なお、関係法令上、電子記録媒体電子記録媒体(HDD、SSD、CD、USB)『産業廃棄物』に該当しますので、『産業廃棄物処理委託契約書』の締結が必要となります。
また、法令で定める『マニフェスト伝票』も交付(代行)します。

※T-CUBEサービス(機密文書処理)とその他のサービス(産業廃棄物処理等)を同時に提供することは可能ですが、システムの特性上、請求書はサービスごとの発行となります。

どうしても箱を開けないで処理してほしいのですが

回収依頼時に『未開封処理』にチェックを入れてお申し込みください。

(シールの種類が異なります)

『ファイル』『バインダー』などの禁忌品は事前に除去してください。

(ホッチキス・クリップはOK)

但し、異物混入が疑わしい場合、お客様の承諾なく、段ボールを開梱することがございます。

23区外でもサービスは利用できますか?

Guardプランを除き、ご利用可能です。

Basicプランは、首都圏全域対応可能です。

但し、23区外は地域ごとに最低料金が異なります。

費用の目安を確認されたい場合は、会員登録後、廃棄予定数量を入力して頂きますと費用の目安がわかるようになっております。

Mailプランは、日本全国、どこからでもご利用いただけます。

 

現地での箱詰め作業までお願いできますか?

はい、できます。

但し、人件費等の別途費用が発生することが予想されます。

箱の大きさがバラバラで、紐で縛ってある書類もあるのですが…。

状況を確認させていただき、お打ち合わせのうえ、料金を決定させて頂きます。

土、日、祝日の対応はできますか

土、日、祝日はお休みをいただいております。

但し、お客様の都合で

平日の回収・搬出等が難しい場合、個別に対応致します。

但し、排出量に限らず、専用車輌の手配となるため

数量が多くない場合、割高なご提案となることが予想されます。

また、T-CUBE管理システムは、土日祝日には対応しておりませんので

証明書、ならびに請求書は紙ベースでの運用となります。

パスワードがわからなくなってしまったのですが…

『再発行』の旨、お申し付け頂ければ

管理システムからお客様が登録されたメールアドレス宛に新しいパスワードをお送りします。

配信された新しいパスワードで改めてログインしてください。

また、マイページからご希望のパスワードに変更することも可能です。

他社との料金を比較するために箱単位ではなく、kg単位での見積りをして頂くことはできますか?

できます。
但し、専用バーコードシールを使ったT-CUBEサービスのご利用はできません。

証明書、請求書等、すべて紙ベースでの運用となります。

見積書がほしいのですが…

メール、または電話でお申し込みください。

溶解証明書がほしい

弊社では処分完了後、ご登録いただいたメールアドレスに『機密抹消処理証明書』を配信しております。

これとは別に『溶解証明書』が必要な場合は、情報抹消処理後の紙の搬入先である製紙メーカーの発行する証明書をご用意いたします。

事務処理手数料として3,000円ご請求させていただきます。

個人で利用できるサービスはどれですか?

個人の方は、機密文書処理サービスT-CUBE Postのみご利用可能です。

『未開封処理』を希望される場合は、紙以外は混入しないようお願いします。

物流会社様の伝票にも『未開封処理希望』と記載してください。

但し、リサイクルに適さない禁忌品(ファイルやバインダーなど)が混入している恐れがある場合はお客様の承諾なく開梱します。

伝票番号を入力したのに申込できない

当サービスは12桁の伝票番号に限って利用できる(証明書が発行される)構成となっております。

物流会社様によっては、複数個口で発送される場合、11桁の伝票番号を交付されるようです。

その場合は、伝票番号のあたまに『0(ゼロ)』を入れて12桁にしたうえで登録をお願いします。

なお、システム上、伝票番号1つにつき、機密書類1箱という判断をしますので

証明書は、複数口送られた場合も1箱という表示になります。

ご了承ください。

今後も当サービスをご利用頂き、1箱ずつの証明書を希望されるようでしたら

伝票番号の異なる12桁の伝票を1箱ずつ貼付して発送して頂きますようお願い申し上げます。

個人での利用(Post)を検討しております。どの物流会社で送ればよろしいでしょうか?

12桁のID(バーコードナンバー)を活用するシステムになっております。

ヤマト運輸様、佐川急便様だけでなく、日本郵政のゆうパック、レターパック、またはクリックポスト含め、伝票番号が12桁の物流会社様であればいずれでも対応可能です。

申込時にバーコードナンバーを登録してください。(複数同時登録可)

バーコードナンバーの登録に誤りがある場合、完了後のご報告はできませんのでご注意ください。

レターパックに入りきらないのですが…

日本郵政様のゆうパック、クリックポストでも受け付けております。

ヤマト運輸様、佐川急便様など、伝票番号が12桁の物流会社様であればいずれでも対応可能です。

レターパックは2種類ありますが、どちらを購入すればよろしいですか?

レターパックには、対面で配達してほしい場合の『レターパックプラス(510円:4kg以内、厚さ3cm以上)』と
郵便受けに配達する『レターパックライト(360円:4kg以内、厚さ3cm以下)』がございます。
どちらの商品でもサービスを提供いたします。

Postの申込時、個人情報を記載しなければいけませんか?

『氏名(ニックネーム)』『メールアドレス』『12桁の伝票番号』のみ必須となります。

証明書は、『氏名(ニックネーム)』宛に発行します。

本名を名乗る必要はございません。

また、『住所』『電話番号』の登録は不要です。

複数発送の場合は、伝票番号を追加登録してください。

Postの郵送先は?

申込み後に配信されるメールに送付先の住所が記載されております。

なぜ、『Post』は無償で提供できるのですか?

個人の方からのお問い合わせが多いため、営利目的ではなく、『お役に立てれば』 とサービスの窓口を設けました。
但し、個別に完了報告をすると事務処理の負担が増えるため、物流会社様の12桁の伝票番号を活用し、登録して頂いたメールに自動で完了報告ができるようになっております。
お預かりした機密書類を破砕による情報抹消処理の後、製紙原料として売却することでサービスの提供をすることができます。
粉々になった紙はトイレットペーパーなどに生まれ変わるのです。
売れるといっても、このプランを単独で事業化するほどの収益があるわけではございません。
皆様がお悩みから解決されることを期待したサービスです。
サービス申込時にお客様が登録した情報を目的外に利用することもございません。
ご安心ください。
家族の情報の記載された書類などを簡単に捨てたくない、でもシュレッダーを買うほどでもない。
そんな方に是非ご利用頂きたいサービスです。

『T-CUBE Guard』とは何ですか

輸送時に情報漏洩リスクのある、従来の袋交換ではなく、機密文書の輸送時の情報漏洩リスクの低減を目的に鍵付き回収ボックス『Guard(Sサイズ・Lサイズ)』を導入。

回収担当者も鍵を保有しないため、処理工場までボックスを開封することなく輸送が可能になりました。

メディア専用投入口もありますので、CDやUSBメモリなどの電子記録媒体の投入も可能(マニフェスト伝票発行)

タケシタだから提案できる法令にも遵守した特別なサービスです。

機密文書の投入量に比例した処理費のご請求なので、割高感を感じることはございません。

料金体系につきましてはお気軽にお問い合わせください。

『T-CUBE Guard』を試してみたいのですが

1社につき最大3台、最長2ヶ月間(2回交換まで)無償でお試し頂けます。

実際にご利用頂き、導入する価値があると判断された場合は、正式にご契約となります。
お気軽にお問い合わせください。

T-CUBE Guardにはメディアボックスが付帯されているとのことですが

メディア専用投入口もありますので、USBメモリやCDなどの電子記録媒体を投入することができます。
機密文書と分けて投入してください。
別途費用は発生しません。
また、回収の都度、マニフェスト伝票を発行します。
取引開始時に『産業廃棄物処理委託契約書』の締結が必要になります。

最大9,800円(14,800円)とは?

Guard S(投入可能量 45kg)は、40kg以上は 9,800円になります。
投入量に応じて、最大2,000円引きとなります。

【料金構成】

BOX利用料:3,800円
BOX交換費・処分費:6,000円の合計9,800円

但し、『BOX交換費・処分費』は、計量により下記のとおり値引きとなります。

25kg未満:4,000円
25kg以上30kg未満:4,500円
30kg以上35kg未満:5,000円
35kg以上40kg未満:5,500円
40kg以上:6,000円

 

 

Guard L(投入可能量 90kg)は、80kg以上は 14,800円になります。
投入量に応じて、最大4,000円引きとなります。

【料金構成】

BOX利用料:5,800円
BOX交換費・処分費:9,000円の合計14,800円

但し、『BOX交換費・処分費』は、計量により下記のとおり値引きとなります。

50kg未満:5,000円
50kg以上60kg未満:6,000円
60kg以上70kg未満:7,000円
70kg以上80kg未満:8,000円
80kg以上:9,000円

『T-CUBE Guard』を検討しています。SサイズとLサイズの大きさと投入可能な量を教えてください。

Sサイズ:幅450mm・奥行450mm・高さ905mm 投入量の目安:45kg

Lサイズ:幅600mm・奥行450mm・高さ1105mm 投入量の目安:90kg
となっております。

また、投入口は

機密文書用が幅340mm・奥行40mm

メディア用が幅190mm・奥行20mmになります。

『T-CUBE Guard』の導入を検討しておりますが、契約時に取り決めた指定日前に溢れた場合、負担はどの程度増えますか?

Guardの料金は、ボックス利用料と1回当たりの収集運搬費(ボックス交換)と処理費の組み合わせになっております。

指定日を待たずに溢れた場合、1回当たりの収集運搬費と処理費が加算されます。

投入量により変動しますが、Sサイズで4,000~6,000円、Lサイズで最大5,000~9,000円ご負担が増えます。 ボックスの在庫管理の都合上、投入量が少なくても、取り決めた指定日にも、もう一度交換に伺いますのでご負担を増やしたくない場合は、『Basic』プランを併用して頂き、溢れた分を段ボールで排出するなどお客様自身で調整してサービスをご利用ください。

【例】毎月第4木曜日(例えば25日とする)を指定日とした場合、10日前の15日に溢れたため、一度ボックスを交換した場合、本来の指定日25日にも、もう一度交換に伺います。

『T-CUBE Guard』の合鍵は、担当者に持たせたいのですが借りることはできますか?

できません。

より安全なサービスを提供するため、お客様も当社回収担当者も鍵を保有することはできません。
弊社の処理担当者をはじめとする限られた者のみ保有する運用となります。

Guardの指定日が祝日の時は?

Guardプランは、契約時に『毎月第〇▲曜日』と指定日を決めさせて頂いております。
その指定日が、祝日の場合は、お客様と調整のうえ回収日を確定させて頂きます。
確定後、担当者様宛にメールでも報告します。

契約期間は?違約金は?

まずは2回交換まで(最長2か月間)、無料でお試しいただき、継続してご利用される場合は、2回目の交換日から 6 か月間とし、その期間内に解約する場合には、L サイズは、契約の残日数に月額 5,800 円(1 か月に満たない月は、月 30 日の日割計算)を乗じた違約金、S サイズは、同様に、月額 3,800 円(1 か月に満たない月は,月 30 日の日割計算)を乗じた違約金を支払うものとします。

期間満了の 1 か月前までに解約の申し入れがない場合には、更に 1 年間更新するものとし、その後の期間満了においても同様とします。

但し、違約金は初回の更新(6か月)以降は発生しませんのでご安心ください。

詳しくは利用規約をご確認ください。

『T-CUBE Guard』利用時に誤って必要な書類を投入した可能性がある場合は?

 

廃棄してはならない物を専用ボックスに投入されたなど,やむを得ない事情で、専用ボックスの開錠の必要がある場合,翌々営業日までに専門スタッフが開錠にうかがいます。

この場合、別途開錠費用10,000円をご請求致しますので社内ルールを徹底し、ご利用ください。

請求書と証明書の発行はいつですか?

原則として、作業月末日締切にメールにて請求書を配信します。
翌月末日までに指定口座にお振込みください。
証明書は処理完了の翌日にメールにて配信します。

領収証を頂けますか。

銀行振込で各金融機関から発行された「振込証明書(受領書)」をもって領収証に代えさせていただいております。
 
それぞれの機関から発行されたものが税務署で認められている会計法規上正式な領収証となりますので、申告等にご利用いただけます。
 
当サービスは、弊社社員の業務の簡素化を目的としたシステムとなっております。
 
諸般の事情をご理解頂きますようお願い申し上げます。

 

部署ごとに回収依頼をかけられますか?請求は管理部門に一括できますか?

はい、いずれも可能です。

ご希望される運用方法によっては、お客様の社内でID・パスワードを共有して頂く場合もございます。

決算月なので月末を待たずに請求書を発行して頂けますか

はい、可能です。

月内の最終回収時にお申し付け頂ければ、月末を待たずに請求書を先行配信いたします。

支払いの際、『お客様ID』は入力しないといけませんか?

必須事項ではございません。
お振込みの際、振込依頼人名に『お客様ID』を追記して頂けますとお客様の特定をスムーズに行うことができ、入金照合作業の軽減に繋がります。
諸般の事情をご理解頂き、ご協力頂ければ幸いです。

精算方法の変更はできますか?

柔軟に対応します。
お気軽にお問い合わせください。

指定の請求書に対応して頂けますか?

柔軟に対応します。
お気軽にお問い合わせください。

但し、システム上、請求書は配信されてしまいますのでご了承ください。

社内規定で電子請求書ではなく、原本を頂きたいのですが

柔軟に対応します。

お気軽にお問い合わせください。

処理完了時の証明書は、メールとのことですが複数の宛先に送信できますか?

複数の宛先に配信を希望される場合は
お客様側で『メーリングリスト』を作成して頂き、そちらのメールアドレスを登録するようにお願いします。

以前から、御社のサービスを利用してます。ホームページとは異なる契約料金ですが『T-CUBE』を従来の契約料金でサービスの提供をして頂けますか?

個別にご相談ください。

証明書の保存期限は?

メールにて配信された証明書は、30日間有効です。

メール内のURLをクリックし、必要に応じて、印刷・保管をしてください。

処理が2日にまたがった場合、証明書はどのように発行されますか?

例えば、30箱お預かりして、1日目に20箱、2日目に10箱処理を完了した場合、すべての処分が完了した翌日に証明書が配信されます。

車輌(荷台)に鍵はかかってますか?

全車輌施錠可能です。
高感度のマルチGPS受信機も搭載しており、リアルタイムで車輌の位置を確認、移動管理情報(位置、状態、方位、速度)を把握できます。

段ボールがほしいのですが

お手元に段ボールがない場合は、『マイページ』より専用段ボール(@250円)を購入できます。

但し、段ボール購入金額の合計が3,000円に満たない場合、一律3,000円のご請求となりますので12枚以上でお申し込みすることをおすすめします。

バーコードシールはいつ貼るのですか?

回収時に弊社回収担当者がお客様のご要望に応じたプランごとに段ボールにバーコードシールを貼ります。

同一プランを継続的にご利用されるお客様には事前にサービスごとのバーコードシールをお渡しします。

事前にサービスプランごとに貼りつけてご活用頂くことも可能です。       

機密書類回収時にOA機器や粗大ゴミも同時に回収できますか?

可能です。

但し、OA機器や粗大ゴミは関係法令上『産業廃棄物』に該当しますので、『産業廃棄物処理委託契約書』を締結のうえ、対応します。

ご依頼頂く前に事前に産業廃棄物の情報を提供してください。

※T-CUBEサービス(機密書類処理)とその他のサービス(産業廃棄物処理等)を同時に提供することは可能ですが、システムの特性上、請求書はサービスごと(機密書類処理とそれ以外)の発行となります。

但し、スポット回収(一度きりのお取引など)の場合は、システムでの運用ではなく、全てのサービスを集約した紙ベースでの請求書と証明書を発行することも可能です。

T-CUBEサービスを利用したいと思っています。ホームページ上に利用約款がありますが、社内規定上、個別の契約締結をお願いできますでしょうか。

原則として、ホームページ上の『利用約款』に合意頂くことでサービスのご利用ができるシステムとなっておりますが、個別契約の締結を希望される場合は、契約書案をご用意しておりますので双方が合意できる内容で契約させて頂きます。

複数の拠点があるのですが、請求は一本化できますか?

原則として請求先は、ご登録頂いたメールアドレスへの配信となります。
複数の拠点がある場合、登録後『マイページ』より回収先を追加登録することで拠点を増やすことができます。
請求書は、合算での請求となります。
拠点ごとの請求を希望される場合は、拠点ごとに単独で会員登録をしてください。

処理の完了まで、立会いは可能ですか?

可能です。

担当者様に車輌に同乗、(または来社)して頂き、施設到着後、速やかに処理します。

処理にかかる時間は、20箱で1時間程度(分別状況による)になります。

なお、専用車輌の手配となりますので、別途車輌費が発生するため、排出量が少ない場合はご負担が大幅に増えてしまうことが予想されます。

機密書類が倉庫に保管してありますが、数量が確認できません。箱に詰めていない書類もあるので、一度、現状を確認して頂けますか?

はい。
箱詰め作業も含め、ご提案します。
箱数が不確定の場合、作業完了後の実数を請求金額とさせて頂きます。
事前の見積り金額と差異が生じることがございます。
ご了承ください。

走行ルートは指定できますか?

可能です。

通行ルートの指定、お客様の車輌による追尾、GPSを活用した通行ルートの報告とご要望に応じて柔軟に対応します。

なお、専用車輌の手配となりますので、排出量が少ない場合はご負担が大幅に増えることが予想されます。

他社との料金を比較するために箱単位ではなく、kg単位での見積りをして頂くことはできますか?

できます。

但し、『T-CUBE』システムのご利用はできませんので

紙ベースでのやり取りとなります。

倉庫に保管書類が大量にあるのですが安くしてもらえませんか?

個別にご相談ください。

機密書類と記録媒体を同じ箱に入れても良いですか?

品質が異なりますので同じ箱には入れないでください。

主要取引先を教えてください。

弊社は、取引先は一切公表しておりません。 公表しないことが一番の信用であると考えます。 お客様の業種としては、不動産会社・不動産管理会社・ビルメンテナンス会社・金融機関・証券会社・出版社・倉庫会社・データセンター・住宅メーカー・半導体メーカー・生命保険会社・損保会社・繊維会社・アパレルメーカー・TV番組製作会社・法律事務所・会計事務所・設計事務所・旅行会社・飲食店・学習塾・大学病院・各種クリニック・薬局・国公立大学・私立大学・都立高等学校・専門学校・幼稚園・保育園・運送会社・引越会社・コンサルタント会社・化粧品メーカー・NPO(特定非営利活動法人)・一般社団法人・公益財団法人・独立行政法人・大使館・イベント会社・人材派遣会社・結婚相談所・農業協同組合、建設会社、老人ホーム、探偵事務所、社会福祉協議会、国立研究開発法人、官公庁、自治体など様々な企業・団体様に継続契約を頂戴しております。

もっと細かくできませんか?

気持ちはわかります。たしかにお客様のオフィスにあるシュレッダーほど細かくはなりません。しかし、オフィス用のシュレッダーと同様のサイズに裁断してしまうと紙の繊維がほとんどなくなりリサイクルすることが難しくなります。お客様の「より細かく」というご要望と「リサイクルする」という目的の妥協点としてこのサイズでの処理をしています。実際には、お客様の書類だけではなく一度に数十社の書類をまとめて処理をしますので、処理された紙がどのお客様のモノか判断することさえできません。ですから、情報漏洩の心配はありません。30年以上、サービスを提供しておりますが一度も事故はありません。まずは、弊社を信用して頂くことが、お取引をさせて頂く「最初の一歩」であると考えます。

破砕処理される紙のサイズは?

幅7.5~10mm、長さ10~40mm程度に細かく裁断されます。

文書の保管はできますか?

弊社では、首都圏を中心に4社の倉庫会社様とお取引がございます。 文書保管を検討されている企業様は、お気軽にお問い合わせください。 お客様のご要望に合った倉庫会社様をご紹介致します。

地方の同業者です。T-CUBEサービスのシステムを販売してくれませんか?

商圏が異なる事業者様には販売可能です。

お気軽にお問い合わせください。

問い合わせをしたのですが、返信を頂いておりません。

日頃、多くのお問い合わせを頂いており、成約の有無に係わらず、誠意をもってご回答しておりますが

お客様自身が『名前』や『組織(会社・団体)名』を名乗らない場合、回答はしません。

また、価格の安さだけを評価するようなお問い合わせに関しましても回答はしておりません。

お客様が業者を選定されるように我々もお客様を選びます。

 

一覧へ戻る