トピックス TAKESHITA SANGYO

インフォメーション

岩手県北上市の北良株式会社 笠井社長との対話を通じて

2019.01.23

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

CSRはアイデアの源泉

タケシタではCSR(Corporate Social Responsibility)を、一般的に言われる「企業の社会的責任」ではなく、「企業の社会との対話」と捉えています。

異業種や異文化のヒトたちと対話し、そこから新たな気づきが得られ、その気づきを弊社の事業やサービスに活かしたいと考えています。

弊社にとってCSRは、新たな事業やサービスのアイデアの源泉です。

 

 

岩手県北上市の北良株式会社 笠井社長との対話を通じて

この度ご紹介させていただきます北良株式会社様は、家庭用ガス、産業用ガス、医療用ガスの3つのガスを取り扱い、医療用ガスでは病院などの医療機関のほか1000人以上の在宅患者さんをサポートされています。特に災害時において、患者さんの命を守るため、防災を事業の柱として取り組んでおられます。

 

また、新たに岩手電力株式会社を立ち上げられ、電力加入者に6つの社会貢献プラン(野球少年応援プラン・スポーツクライミング応援プラン・医療的ケア児支援プラン・サッカー少年応援プラン・こども食堂応援プラン・いわての防災教育支援プラン)から選択してもらい、その収益の一部を地域の社会貢献に活かす取組みをされています。

 

「地域」と「防災」を事業の柱とされる北良株式会社 笠井社長様との対話から、多くの気づきをいただきましたので、この度みなさまにもその内容をご紹介させていただきます。

 

 

○北良株式会社ホームページURL

http://www.hokuryo.biz/

 

○岩手電力株式会社ホームページURL

https://iwate-denryoku.co.jp/

 

 

対談記事「何かに取り組むと、課題は次々に見えてきます。」