トピックス TAKESHITA SANGYO

インフォメーション

バックアップテープを切断するデータ物理破壊装置、日東造機株式会社の「MB-25Ⅲ」を採用しました

2020.06.05

MB-25Ⅲ

LTOテープやDATテープのオンサイト作業(お客様のオフィス内で物理破壊)のご依頼が増えてきております。

 

これらのご要望に応えるため、CMT、DLT、LTO、DAT等のバックアップテープやCD、DVD、ZIP、MO、FD、CF、USB、SSD等の各種電子記録メディアを切断破砕するデータ物理破壊装置、日東造機株式会社の「MB-25Ⅲ」を採用しました

 

最高機密データ抹消は物理的に破壊することが、 アメリカ国防総省(DoD5220.22-M)や国家安全保障局(NSA)の指針(ガイドライン)で求められており、アルミ底のQICテープも切断破砕できる油圧モーション機構を搭載した製品で、様々な可搬電子記録メディアを機密レベルに合わせ、 安心、安全な物理破壊が可能になりました。

 

お客様の基で物理破壊をした情報媒体は、弊社工場でさらに破砕処理後、先進的なガス化溶融する最終処分場である『J&T環境株式会社』様に搬入します。

 

最終処分場では、廃熱を回収(サーマルリサイクル)し、発電することにより作り出された電気を電力会社に売電しています。