リスクコミュニケーション TAKESHITA SANGYO

リスクコミュニケーション

安全衛生委員会活動報告(2月度)

2020.02.29

猛威をふるう新型コロナウィルス感染症の対応策について安全衛生委員会で検討を行い、弊社としては下記の対応策を行うことを決定いたしました。

重大リスクと認識し、具体的に対応してまいります。

 

  • 手洗い・うがい・消毒の徹底

・帰社・作業後・排泄後の手洗いの徹底

・手洗い後の消毒の徹底

・ドアノブなど身の回りの物への定期的な消毒(消毒液と同様の効果がある次亜塩素酸ナトリウムの活用)

・次亜塩素酸超音波噴霧器による室内環境の整備

・2~3時間おきに事務所の窓を開けて換気を行う

 

  • マスク着用の徹底

・会社から従業員へのマスク支給

・正しいマスクの使い方の周知徹底と安全デザイン(注意喚起ポスター)の掲示

・顧客先でのマスク着用の徹底

 

  • 来客者への対応

・見学・顧客・取引業者などの来客者へマスク着用をお願いする

・来客者様入室の際での消毒のお願いをする

・以上の2点をお願いの掲示物(ポスター)を窓口に掲示する

 

以上となります。

関係者のみなさまにおかれましても、弊社新型コロナウィルス感染症への対応策にご協力とご理解を賜ります様よろしくお願い申し上げます。

 

 安全衛生委員会画像