リスクコミュニケーション TAKESHITA SANGYO

リスクコミュニケーション

安全衛生委員会活動報告(5月度)

2019.06.03

テーマ:新入社員研修「思考の重要性について」

 

おかげさまで多くの企業様からご契約をいただき、順調に業容拡大を続けております。

業容拡大に伴い、新たに2名の新入社員を迎えることができました。

この度、労働安全衛生と関連付けて新入社員研修を行いました。

 

弊社竹下代表が...

  • B2Bビジネス(企業対企業の商取引)において珍しいWEBマーケティングになぜいち早く取組んだのか?
  • それを実現するため具体的にどのように考えていったのか?
  • どのようにテスト&エラーを行い、改善していったのか?

などについて、皆で話し合いました。

KIMG1084

 

そうして竹下代表が苦労して信頼を積み重ねながらご契約いただいたお客様に対して、

わたしたち従業員がどのように接していかなければならないのか、

さらにお客様の価値が何であるのかなどについて対話を重ねました。

 

対話の最後として、

  • 仕事において常に考える(思考する)習慣をつける
  • 思考しないことは事故にもつながる(労働安全衛生にも大きく影響する)

ということへの認識で皆一致しました。

 

弊社のリスク管理の3つの柱(目的)は「思考力」・「信頼」・「笑顔」ですが、

思考できる人間を育て、誠実な人間の集合体を形成することで、

みなさまから信頼される組織をつくることができると考え、

安全をテーマとして従業員を育てる3つの活動(労働安全衛生、ISMS情報セキュリティマネジメント、BCM事業継続マネジメント)に取組んでおります。

 

 弊社のリスク管理の3つの柱や取り組みなどについては、下記URLをご覧ください。

https://www.r-station.co.jp/trc/